部員総会

こんにちは。辻松です☺
先日、部員総会が行われました。
今年は33名の1年生が松浦主将から部章を受け取りました。
その姿を見ながら、私が当時の酒井主将から部章を受け取った時の気持ちを思い出しました。あの頃からあっという間に2年が経ってしまいました。とにかく突っ走ってきた1年生。迷いながら進んできた2年生。少し冷静に俯瞰できるようになった3年生…
そして、そろそろ引き継ぎの準備を始める時期が来てしまいました。先輩方から受け継いだこの陸上部を今度は下の代に引き継ぐことになります。この部のために一部員にすぎない私が何かを残すなんて大それたことはできませんが、"立教の良いところ"は大切に受け継いでほしいと思っています。
私の思う立教の良いところは、「自分主体の陸上ができる」ところだと思います。立教には競技経験や競技レベルに関わらず、真剣に陸上をやりたいと思う人が一生懸命に頑張れる場所があります。
私は「学生主体=自分主体」だと思っています。指導者がいない立教では、自分がどうしたいか、そして何をするかが問われる場所です。誰かが決めたレールの上を進むのではなく、自分自身が敷いたレールを進んで行かなければいけません。決断や選択には責任も伴いますが、その厳しさも含めて成長させてくれる環境だと思います。
悩んだ時には仲間がいます。遠回りをすることもあるかもしれませんが、このような自分を成長させてくれる環境があることを大切にしてほしいなと思います。
私の引退まで残り5ヶ月です。
この環境に感謝しながら、私も、もう少しだけ成長したいと思います。

 

写真は松浦主将から部章を受け取る斎藤(長距離1年)です。

マネージャー3年 辻松優歩