同志社戦〈フィールド-投てき〉

 こんにちは。3年の海老原です。今回は前回に引き続き同志社戦の投てき種目編について書きたいと思います!

 

 まず、男女やり投げ

男子にはフィールドパートチーフ・安達裕次郎(済3)、先月の記録会で立て続けに自己ベストを更新し勢いに乗る猪野洸太(社2)、そして幅跳びからの刺客・太田隼(コ3)が出場しました!

 

 本来は舟橋がエントリーされていましたが、足首のケガがなかなか治らず間に合わなかったため、補欠の太田が幅と掛け持ちで出場しました。しかし当の太田も、先日の跳躍練習で腸腰筋のあたりを痛め、本番までほぼ体を動かさない状態での同志社戦でした。

 しかし、フタを開けてみれば自己ベストをしっかりとマークし、なんと50m越えの記録を残しました!専門種目ではない中、みんなを驚かせてくれました。笑

 

 勢いに乗る猪野は、太田の躍進劇に押され気味で途中焦りもありましたが、6本中3本目と5本目で自己ベストを更新しました!彼の先月の調子のよさは先月で終わりでもなく、偶然でもなかったことがちゃんと証明されました。大学から陸上を始めた選手でも、ここまで強くなれること、彼が結果で表してくれています。これからも期待です!

 

 去年の同志社戦で自己ベストを大幅更新、60mオーバーの関東インカレA標準突破、そして優勝と大活躍した安達。今年も連覇を狙いました。

 ところが、うまくいきません…毎回ビデオを見て少しずつ修正しても記録が伸びず、焦りが。そこで舟橋が安達に助言を与え、直後の投てきで一気に記録を伸ばしました!舟橋の力強いフォローと安達の修正力、素晴らしかったです。

 

 女子は、幅跳びと掛け持ちで松本涼花(観2)萩野谷帆南(文1)が出場しました!

 すずちゃんは、東京六大学戦でもやりと幅を掛け持ちした経験者。直前にビデオを見に来た時も、やばいです~とこぼしてましたが、6回すべてで記録を残しました!自己ベストは更新できませんでしたが、ハードスケジュールをこなしてくれた彼女に拍手です。

 萩ちゃんは初めてのやり出場で、右も左もわからないのでやりをちゃんとさしてとにかく記録を残すことを目標にしていたそうです!終盤にはどんどん記録を伸ばすたくましさがありました。一年生ながら掛け持ちをこなしてくれました。

 今年は得点を持ち帰ることができませんでしたが、2名が自己ベストを更新し、試合前の折山や倉持も観戦・アドバイスに入り、チーム投てきの結束力が感じられました!

 続いて午後に行われた男子円盤投

フレッシュな1年生、倉持憲成(コ1)・折山景柊(コ1)と、トップオブチーム投てき・チョルさんこと韓昇澈(コ4)の1年4年トリオが出場です。

 

 バズの愛称で親しまれる倉持。マスコット的な存在でかわいらしさあふれる彼ですが、自己ベストを更新するパワフルな投てきを見せてくれました!しかし、自身の納得いく投てきはできなかったようで悔しさが滲みました。砲丸では関東インカレB標準を突破している彼。円盤でもぜひ期待してください!

 

 練習でも試合でも、的確なアドバイスをしている折山。投てき種目の細かいことを全くわからないマネージャーの私でも、彼のアドバイスは勉強になります。大学に入って円盤の試合に出たのは今回が初めて(!)でしたが、倉持よりわずかに上回る記録を残しました。

 

 投げるの久しぶり~と語っていたチョルさん。関東インカレで引退してから、グラウンドでお見かけすることはなく…箱根予選会ぶりにお会いしたのに、なぜかすごく久しぶりな気持ちでした。笑 試合では1年生二人を上回る30mオーバーの記録を残し、ブランクを感じさせない投てきでした。

 

 フィールドの4年生がオープンでたくさん出場していました。笑 1500m終了直後に出場した水田さんは本当にお疲れ様です。

 以上で、同志社戦・フィールド種目編は終了です!今回は惜しくも得点を獲得できませんでしたが、自己ベストを更新した選手がいたり、専門外の選手が奮闘したりと、多くの頑張りを見ることができました。

 

 私自身、対校戦で投てきを担当するのは、今年の東京六大学戦以来でした。いつも応援が寂しいな…と感じる投てきが今回は近くまで応援に来てくれた選手が多く、すごく盛り上がりました。特にやりも円盤も近くでずっと、大きな声で応援してくれた1年生の利田(営1)。彼は短距離選手であるにもかかわらず、ずっと投てきピットの近くで応援してくれました^^彼が選手として活躍する姿を楽しみに待ちたいと思います!ありがとう!

 

 そして、部のカメラで素敵な写真をとってれたふみや。寒い中、まんべんなく回って撮ってくれて本当にありがとう!

 

 同志社戦をもって、短距離・中距離・フィールドはオフ期間に入ります。一方、長距離はまだまだ記録会が続きます。寒さが厳しくなりましたが、負けずに練習を頑張ります!

 

 長くなりましたが、このあたりで筆をおかせていただきます。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

マネージャー3年 海老原