2018 富津合宿

こんにちは。
マネージャー1年の山崎です。


先日
赤羽ハーフについてブログを書かせていただいてから1ヶ月が過ぎました。高校生までは1日1日がとても長く感じていましたが、大学生になり、それまでの3倍速で時が流れている気がします。

 

さて、今回は2月11日〜15日に行われました、富津合宿について書かせていただきます!
千葉県富津市にて行われました長距離合宿は、天気にも恵まれ、比較的暖かい中、5日間を終えました。


ここでは、各日のメニューと選手の様子をお伝えできればと思います!

 

初日の11日は、移動から始まり、午後には各自ジョグを行いました。
富津岬荘様の豪華で美味しい夕食をいただき、それぞれ12日のポイント練習に備えました。
この日の夜には学年ミーティングが行われ、今の学年、チームについて話合いました。

普段、同期の考えていることを聞く機会があまりないので、貴重な時間となりました。


12日は、午前中に富津市民ふれあい公園陸上競技場に移動し、練習を行いました。
男子は1600m×5本、女子は400m×15本競歩は800m×3×で、この合宿の最初のポイント練習でした。
学校での練習とは違った緊張感の中、追い込んだ練習ができたのではないでしょうか。

 

 

13日は、男女ともに朝と午後に距離走競歩は午後にビルドアップを行いました。
練習を行いました、富津公園周回コースは一周5.6kmあります。特に海に近い1km〜2kmの直線は風も強く、水しぶきが飛んできました...!
自転車に乗っていても前に進むのがやっと強い向い風で、走ってる選手はすごいなと思いました。

 

バレンタインデーなど気にしない14日は、男子が朝に距離走、女子が朝に距離走、午後にクロカン走、競歩は午後に4000m×2を行いました。
私は、午後に競歩の駒形侑乃さん(文2)を自転車でつかせていただいて計測をしました‍!
いつもより近い距離でサポートできたのは新鮮で、良い経験になりましたし、なによりも侑乃さんのメニュー後の笑顔が素敵でした!


最終日の15日は、男子が3km×5、女子が3km×2+1kmを行いました。
今回の合宿の最後のポイント練習ということで、緊張感が漂いましたが、良い雰囲気の中、無事にメニューが終了しました。

 

 

私が今回の合宿で印象的だったのは、怪我でメニューに参加していない選手です。

メニューに参加する選手へのサポートをしつつ、時間をみつけ、自分のできる最大の練習をする姿がとても心に残りました。

長距離パートの雰囲気の良さはメニューに参加する選手だけでなくサポートしている選手も形成しているのだなと改めて感じました。

 

最後になりますが、原田監督、中村コーチ、阿部コーチ、ご指導誠にありがとうございました。


練習への参加、応援、差し入れをしてくださった4年生の先輩方誠にありがとうございました。

 

また、5日間、手厚いサポートをしてくださいました富津岬荘様、大変お世話になりました。部員一同感謝申し上げます。

 

 

3月には、ハーフマラソンや記録会が続きます。関東インカレの標準切りを目指し、これからも精進して参ります。今後ともご支援、ご声援の程、よろしくお願い致します。

 

 

長文失礼致しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

マネージャー1年

山崎千穂