東京六大学戦!

 こんにちは。マネージャー2年の海老原です。早いもので新年度となりました。今回は、今月8日に行われました、新年度最初の対校戦、東京六大学戦について書きたいと思います!

 まず、トラック種目。最初のトラック種目は男子400mH予選1組に若生さん(コ4)、2組に竹内さん(文3)が登場しました!

お二人とも決勝には進めず若生さんは後半の減速を課題にあげ、竹内さんは初めの競技で勢いを創ることの難しさを実感したそうです。しかし、冷たい雨が降る中最後まで戦いぬき対校選手の意地を見せてくれました!

 続いて女子400mH決勝香坂さん(済4)が出場しました。序盤から先頭争いを繰り広げ、くらいついて2着でゴールし、5点獲得しました!「記録は悪いが、現状把握と感覚を取り戻せてよかった。関東インカレまでに2秒縮める」とのことです。関カレでの好走に期待です!

 

 続いて男子100m予選、1組に大野(観2)、2組に東川(済2)が出場しました。大野は調整がうまくいかず惜しくも決勝には進めませんでしたが、しっかりと10秒台に乗せてきました。東川は追い風参考ながら関カレB標準切りの好走で決勝にコマを進めました!

 決勝ではハイレベルな戦いのなか東川は6着でゴール、3点獲得しました!「とにかく決勝に残ることが目標だった。リラックスして自分の走りができたが、決勝は3本めということで体力不足を感じた」とのことです。他大学の選手に臆することなく戦った二人、今後も期待です!

 

 続く女子100m決勝には吉田さん(社4)が出場しました。不安があったそうですが、4年ぶりの12"2台をマークし「対校戦のパワーを感じた」とコメント。こちらも雨が降る中の競技でしたが、競り合いながら2位でゴールし、5点獲得しました!

 同時に行われた跳躍競技では、男子走幅跳決勝伊藤さん(社4)と太田(コ2)女子走幅跳決勝に新入生の松本涼花さん(観1)が登場!伊藤さんは「力任せの跳躍になってしまった」、太田は「4回めでかるい肉離れになった」とどちらも結果や内容には満足してはいませんでした。それでも、伊藤さんは7位、太田は8位&大学ベストを更新し、2人あわせて3点獲得しました!

 涼花ちゃんは幅跳びの大学デビュー戦が対校戦となり緊張したようですが、応援に力をもらい3位入賞!今後は三段跳で関カレを狙うそうです。楽しみですね!

 

 また、この時間の投てき種目では男子砲丸投決勝が行われました。対校選手はハンさん(コ3)土屋さん(コ4)ですが、実はこのお二人男子円盤投決勝にも出場しました!

 空き時間もあまりなく、寒いコンディションではありましたがお二人とも両種目見事に入賞を果たしました!チョルさんは「円盤は沖縄合宿での練習を生かせず不満だったが、最近伸び悩んでいた砲丸は、前日のフォーム修正が自己ベストにつながった」、土屋さんは円盤で自己ベストを更新し「個人8点獲得、両種目でベストの目標をある程度クリアした」とコメント。砲丸で9点、円盤で3点獲得しました!

 トラックでは続いて男子3000mSC増田(営2)鈴木(済2)の二人が出場しました。増田は関カレ標準切りを目指し残念ながら達成には至りませんでしたが、途中は鈴木と競り合いながら7位入賞し2点獲得しました!鈴木は約2年ぶりの3000mSC。ゴール直前で他大学の選手にかわされ「最後まで死ぬ気で走る気持ちが足りなかった」とコメント。この悔しさを次に生かしてほしいです!

 男子400m予選には主将・酒井さん(コ4)坂井悠太さん(営3)が出場。お二人とも決勝に進出し、決勝では酒井さんが5位、悠太さんが6位に入り7点獲得しました!悠太さんは予選で見事関カレB標準切りを果たしました。決勝のレース後にはお互いたたえあう場面も。

 女子400m決勝には池田さん(社3)が出場しました。「後半を考えて前半スピードが出なかったが記録会と違った雰囲気を味わえた」とコメント。3位でゴールし4点獲得しました!最近記録を伸ばした400mHでも今後期待です!

 

 男子110mH予選には渡邉さん(営3)長谷部(理2)が登場!二人とも決勝には進めませんでしたが、渡邉さんはシーズン初戦で初めて15秒台をマークし、長谷部は当日に急きょ出場となりましたが、関カレB標準突破&大学ベストを更新しました!

 続く女子100mH決勝水越さん(コ4)が登場しました!3位入賞を果たし4年ぶりに自己ベストを更新しましたが、「0.11秒、関カレ標準に届かず悔しさがはるかに勝る」とコメント。しかし、後日行われた筑波大学記録会で見事関カレ標準を突破!

 一番の濃さを誇るハードルパート、今後も注目です。

 この時間の跳躍競技の一つは男子走高跳決勝篠原さん(コ3)、杉本さん(コ3)のお二人が出場しました。篠原さんが3位、杉本さんが5位とダブル入賞を果たしました!篠原さんは「関カレ標準切りができず悔しいが、わずかながらチームに貢献できよかった」、杉本さんは「大学ワースト記録を出してしまった。けがやコンディションを理由にせず、結果を出せるよう練習に取り組んでいく」とコメント。今回は記録面で満足できなかったそうですが、今後の記録会での跳躍に期待です!

 もう一つは男子棒高跳決勝!この種目には松浦(コ2)が出場しました。3m40の自己ベストを更新し、見事7位入賞を果たしましたが練習で記録より高い高さを跳べていたので、こちらも悔しさをにじませていました。

 続いてトラックでは中長距離種目とリレー種目が行われました。男子1500m決勝には長谷川さん(文4)、大房さん(営3)が出場!大房さんは目標通り自己ベストを更新しましたが、「他大学との実力差を感じた」とコメント。長谷川さんはラスト300mからギアを切り替え、8位入賞し見事関カレB標準切り!しかし、最後に6位と7位をさせなかったことが悔しかったとのことです。ですが、4年生で念願の関カレ標準切りということもあり、ご本人だけでなく4年生や長距離パートの盛り上がりはひとしおでした。

 4×100mリレー決勝では男子が重住さん(済3)、坂井創太さん(社3)、大矢さん(コ3)、東川、女子が水越さん、阿部さん(コ4)、吉田さん、香坂さんの走順でバトンをつなぎました!男子はレベルの高い他大学と競り合いながらバトンをつなぎ、4位でゴールし3点獲得。女子も競り合いながら先頭争いを繰り広げ、2位でゴールし、5点獲得しました!

 熱戦のあとは、50回大会を記念しOBリレーが開催され、原田監督も出場されました!私はビデオ担当で、トラックをはさんで応援席の反対側にいたのですが、監督がバトンゾーンにお見えになった時の応援席の盛り上がりはすごかったです。笑「あきおー!」のコールがよく聞こえました。監督、助監督、OBの方々、お疲れ様でした。

 

 OBリレーの盛り上がりのあとは女子800m決勝。串田さん(文4)が出場しました。東大と早稲田との先頭争いはラスト200mまで続きましたが、競り勝って見事1位でゴールし6点獲得!前の記録会でのタイムが悪すぎて不安しかなかったそうですが、反省点をしっかり生かせたそうです!

 続く男子800m決勝では小野瀬さん(コ3)、川口(観2)が出場。小野瀬さんは「昨年と同じく悔しい結果となってしまった。関カレまで練習に集中して取り組む」、川口は「攻めるべきところで躊躇してしまった」とコメント。お互いに悔しい結果となりましたが、この悔しさをばねに次に生かしていただければと思います!

 

 跳躍種目はこの時間男子三段跳決勝が行われ、萩原さん(コ3)が出場!ご本人ももっと跳べると思っていたと記録では納得はいかなかったようですが、発表されたとおりの点数を持ち帰ることができよかったと6位入賞を果たしました!

 投てきは男子やり投決勝が行われ松浦、安達(済2)が登場しました!松浦はあまり集中できなかったとのことですが、セカンドベストで8位入賞、安達は内容はよくなかったものの、6位入賞しシーズン初戦でいい記録がでたとのことです。勢いに乗るチーム投てきも注目です!

 トラックは長距離種目である男子5000m決勝が続いて行われ、轟木さん(コ3)、中村(現2)が出場。轟木さんは「シーズン初戦にいい記録を出したかったが、そう甘くはなかった。応援する側される側両方に立ってみて、チームの大切さに気付けた」、8位入賞した中村は「タイムは気にせずレベルの高い選手に食らいつくことだけを考えた」とコメント。強豪校相手に果敢に攻めた2人に、試合の終わった対校選手も加わった応援席は盛り上がりました。

 いよいよ最後の種目、男子マイルリレー木越(済2)、悠太さん、竹内さん、酒井さんの走順で挑みました。木越は持ち前のラストの粘りで悠太さんにつなぎ、個人400mで勢いに乗る悠太さんも流れを切らず、竹内さんは400mHの悔しさをぶつけるように前半から飛ばし、バトンは主将・佑さんへ!

 明治大学とのつばぜり合いはゴールまで持ち越され、ほぼ同着でゴール、、、どちらが勝ったのか、、とドキドキしましたが、まさかの着差なしの4位!!明立戦のスウェーデンリレーの再来かとも思われました、、今年の明立で果たして決着がつくのでしょうか、、?!

 ここまですべての競技をとても長々と振り返らせていただきました。結果は目標通り東大に勝利し、5位!女子は初代優勝をはたしました!また各校から選ばれる敢闘賞には長谷川さん、串田さんが選ばれました!おめでとうございます!

また、ご指導いただきました原田監督、福田助監督、今大会運営を務めてくださいました、主務・大竹さん、副務・重住さんありがとうございました。加えて、写真を提供してくださいました立教スポーツ編集部の皆様、OBの西口克洋さんありがとうございました。

 本陸上競技部はまだまだ進化します。対校戦、関東インカレ、各記録会や公式戦におきましてのご声援、引き続きよろしくお願い致します!

 とても長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

マネージャー2年  海老原 真世