同志社戦*後半戦*

 

皆さんこんにちは!!

マネージャー3年の岡です♪♪

 

最近急に冷え込んできましたね~*。

日が落ちるのも早くなって、最近はメニュー開始時にはもう薄暗くなっております❄

 

練習中に動きの少ないマネージャーにとってこれからの季節は寒さとの戦いです笑

マネージャーもたくさん動いて暖まりたいと思います!!

 

 

さて、本日は同志社戦レポート後半戦!!

前回に引き続き同志社戦についてお伝えしたいと思います。

「午前と午後で分けましょう!」というみほちゃんのアイデアにより2回目の今回は午後編です!

 

更新が遅くなってしまってすみません。。。

 

それでは、競技開始時刻順に対抗戦の結果をご紹介していきたいと思います!

 

 

 

ではさっそく男子対抗1500mから!!

 

1500mには長距離パート2年生が3人エントリー!

大房くん(営2)盛田くん(現2)嶋くん(観2)です!

 

結果は

大房くん 4'10"10(1位・3点)

嶋くん  4’12"06(3位・1点)

盛田くん 4'18"26(6位)   でした!

 

以下3人のコメントです↓↓

 

 

*大房くん

走る前からトップでゴールして部に貢献することを考えていたので、勝負に徹する走りをしようと思っていました。結果としては、500m辺りで出てからそのリードを保ったままゴールすることができました。ただ、調子も良かったので欲を言えば自己ベストを出してゴールしたかったのでそこが心残りでした。しかし、今回のような勝負レースはなかなかする機会がないので、レース中は楽しんで走ることはできたと思います。
今後の5000mや10000mに向けて良い刺激が入ったと思うので、ここから今年良い結果を残して今シーズンを締めくくることができるように練習に励んでいきたいと思います。
*嶋くん
目標タイムには及ばず、着順が重要な対抗戦で、記録を出すためには、自力が足りなかったと思います。ラストスパートの三着争いで、皆様の応援が力になりました。
冬季に力をつけ、春の対抗戦では、対抗戦で記録を出せる実力をつけます。
*盛田くん
9月からの怪我と予選会の20kmの影響で、今回は記録と順位共に上を狙えないなということは正直分かっていました。それでも最低限15秒は切れると思っていましたができませんでした。レース展開もスローだったので早めに少し出ることが必要だったのですが、練習不足による自信の欠如から恐れてできませんでした。
次は自信を持ってスタートラインに立てるよう、自分に必要なことを考えてこれからの冬季練に臨みたいと思います

続いて女子対抗1500m!

 

出場者は渡邊さん(理3)出水田さん(コ3)本山さん(コ3)です!

こちらは長距離3年生が3人エントリーです!

 

出水田さん 4'33"10(1位・3点)

渡邊さん 4'39"51(2位・2点)

本山さん 5'17"84(6位)

 

*出水田さん

大会記録が自分の一昨年の記録の4'32"93あることは分かっていて、その記録を狙っていたのすが、わずかに届きませんした。駅伝のために距離を伸ばしてきたところの1500mは難しいの、MAXにならないように走ったのすが、それも大会記録はさないといけませんした。すが、今回は1周ごとのペースをイーブンいくようにしたかったのその部分はしっかり達成きました。

 

*渡邊さん

得点獲得にこだわって走った為、2着に入れて嬉しく思います。皆様の応援の声が聞こえて、ラストの苦しい部分も粘る事が出来ました。ありがとうございました。

個人的には、最近の調子からすれば最低限の走りができたと思います。まだまだ本調子ではないのですが、今回の1500mは身体に良い刺激が入ったと思います。これを機に調子を戻して、これから控える駅伝や記録会で満足の行く走りをしたいです。
*本山さん
補欠でしたが、急遽出場することになりました。月曜日から体調を崩しており、調子も上がらない中だったのですが、ここまで走れなかったことは今までにありません。大会運営に携わっていただいた皆様、応援していただいた皆様に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。長距離はまだ記録会や駅伝などがまだあるので練習を積み、記録を出せるように頑張ります。

 

(左から本山さん、渡邊さん、出水田さん)

 

 

続いてはフィールド種目を3つ(^^)

 

1つ目は男女走幅跳です!

 

男子の対抗選手は

水田くん(済2)、歳田くん(コ1)、太田くん(コ1)の3名!

 

水田くん 6m83(+0.3) (2位・2点)

太田くん 6m62(+2.1) (3位・1点)

歳田くん 6m56(-1.8)

 

でした。水田くんは自己ベストを更新しての2位入賞です☆ミ

 

以下、選手のコメントになります↓↓

 

*水田くん

以前から助走が安定しなかったことから何度か大変みっともない試合をしてしまった事がありましたが、今回公式戦という大事な場面でキッチリ記録を残し、得点に絡めたことを嬉しく思います。
しかし、試合の内容としてはまだまだファールも多く、その他跳躍の技術面でも改善すべき点は多くありました。
これからも自分の弱点を一つずつ克服し、成長して行けたら良いなと思います。

 

*太田くん

1週間ほど前に右脚を怪我してしまい、痛みの残ったままの出場となってしまいました。1本目の跳躍はさほど悪くは無い跳躍だったのですが、踏切足が板に乗らず、手前で踏み切ってしまい勿体ないものとなってしまいました。2本目以降からは脚の痛みが強まってきてしまい、助走のスピードを上げることができず、踏切も間延びしてしまい、全く良い跳躍をすることが出来ませんでした。このような結果になってしまったのも、身体の柔軟性が足りず怪我に繋がってしまったことや、試合の途中気持ちを上げることができず、切り替えが全く出来なかった自分の未熟さが原因です。コンディションの悪い状態の中でも最大限の力を出そうと思いましたがその難しさを痛感しました。今回の試合の目標は関東インカレの標準記録突破だったので非常に悔しいものとなりました。この悔しさを冬季練習にぶつけ、自分の課題を克服し、来シーズンに臨みたいと思います。
 

*歳田くん

対抗選手として情けない結果となってしまい、応援して下さった皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。左脚を同立戦10日前に痛めてしまい、充分な練習、調整ができなかった中でも結果を残せなかったことは自分の力量不足です。4,5,6本目は助走スピードも戻ってきただけに3本ともファールしてしまったのがもったいなかったです。
この同志社戦でたくさんの課題が見つかったのでこれからの冬季練習で特に助走を意識した練習を積み、春いいスタートを切れるようにしていきます。

 

 

続いては女子です♫

 

対抗選手は

星さん(理4)、鈴木さん(理1)、香坂さん(済3)の3名です。

 

短距離パートからも2名参加となりました。

 

鈴木さん 5m27(0.0) (2位・2点)

星さん 5m09(-0.2) (4位)

香坂さん 5m00(-0.2)(5位)

 

*鈴木さん

 調子が良くバネも溜まっていてベスト記録を狙っていたため非常に残念な結果となってしまいました。助走の走りが安定せず硬くなってしまい、最後にスピードを上げ切ることができず助走を活かしきることができなかったと思います。しかし、踏切から着地までの動作は悪くなかったので、そこは少し成長したと感じました。
冬季練習に入りますが、今回の跳躍から課題としてあげられる、助走の走りを安定させることと踏切の押しを強くすることを常に意識して練習に取り組んでいこうと思います。

 

*星さん

4年生で出場させていただいたのにも関わらず、得点を取ることができず、大変申し訳なく思います。自己ベストを出して得点を取ることが目標だったので、この結果は悔しいです。しかし、皆様に応援していただけて、嬉しく、楽しく競技を終えることができ、感謝しています。

 

*香坂さん

 走幅跳は人生初で自分の能力は未知数でした。400m以上に準備が出来ていませんでしたが、なんとか5mまで跳ぶことができて良かったです。ただ、正選手でありながら得点を取ることが出来なかったことは残念です。何も分からない幅跳びど素人の私に、練習から本番までアドバイスをくれたフィールドパートの皆さんには本当に感謝しています。ありがとうございました。

 

 

最後のフィールド種目は男子対抗円盤投です!

 

立教大学からは

韓くん(コ2)、土屋くん(コ3)の2人が出場しました。

 

韓くん 27m09 (4位)

土屋くん 26m69(5位)

で競技終了です。

 

*韓くん

自己ベストを更新することはできましたが、点数をとることはできませんでした。
練習不足で一回一回の投げが安定できず、中途半端な投げになってしまいました。
来年の同志社戦では点数をとれるように頑張りたいと思います。
 

*土屋くん

同志社との実力差も大きく、得点が見込まれていなかった種目だけに、点を持ち帰ってみんなに褒めてもらおうと思ってましたが、自分の弱さが目立つ試技となりました。
本当に悔しいです。
円盤は東京六大、私学六大共に対校種目となっているので、確実に得点を見込める選手になれるように、身体と技術を磨いて出直します。

 

 

※円盤投のみ写真が掲載できず、申し訳ございません※ 

 

 

ここからまたトラック種目に戻ります!

 

次の種目は男子対抗5000m!

 

加世田くん(理2)、轟木くん(コ2)、中村くん(現1)がエントリーです!

 

中村くん 15'21"13 (3位・1点)

轟木くん 15'25"34 (4位)
加世田くん 15'37"98  (5位)

でした。

 

*中村くん

早いペースでの入りで、その後大きくペースダウンしてしまい、とても中途半端なレース内容となってしまいました。優勝を目標としていたのにも関わらず、それに全く絡めない走りをしてしまいとても悔しいです。今回のようなレースを繰り返さぬように、より実力をつけたいと思います。

 

*轟木くん

自信を持ってのレースでしたが感覚と実際のタイムが一致していませんでした。たくさんの応援をしていただいたのにもかかわらず非常に情けないタイム、順位でした。

 

*加世田くん

わかってはいましたが入りのペースがとても速く前半でだいぶ疲れてしまいテンポを崩してしまいました。後半もペースを落ち着かせて走りましたが前半の疲れもありペースを維持して走るが難しくペースが徐々に落ちてしまいました。しかし勝負の世界である以上自分の思い通りにいかないことは当たり前なので今後の練習でどんなレースでも自分の走りができるように柔軟さを身に付けていきたいと思います。

 

 

 

(左から中村くん、轟木くん、加世田くん)

 

 

いよいよ同志社戦も終盤戦!

女子4×100mRです!

 

オーダーは

水越さん(コ3)→吉田さん(社3)→岡野さん(文1)→阿部さん(コ3)でした。

 

48"01で勝利し、対校得点3点を獲得致しました!

また、この記録は大会新記録です☆ミ

 

 

 

そしてそして!最終種目は男子対抗4×200mRです!!

 

川上くん(営1)→東川くん(済1)→坂井悠太くん(営2)→酒井くん(コ3)で臨みました。

 

タイムは1'27"18で同志社大学には及びませんでしたが、立教記録まで0"13の記録でした。

 

 

 

 

今年の同志社戦はお天気にも恵まれ、11月としては珍しく暖かい1日でした☀

 

 

後半戦も前半戦と同じくとっても盛り上がりました(^^)

少しでもその様子が皆様に伝わっていれば嬉しいです。

 

今大会の目標として、

①男子トラック優勝

②男子フィールド得点昨年の3倍

③女子総合優勝

を掲げておりました。

 

目標を達成するため、多くの対校選手が自分の獲得すべき得点を意識して勝負しているように感じました✨

 

全てを叶えることは出来ませんでしたが、部として収穫ある試合になったのではないかなと思います!!

 

オープン種目の結果等は掲示板の方に掲載しておりますので、よろしければご覧下さい。

 

 

最後になりますが、会場にお越し下さったOB・OGの皆様、応援して下さり、

ありがとうございました。

本年度の対校戦は同志社戦をもちまして全て終了いたしました。

これからも練習に励んで参りますので、応援の程、宜しくお願い致します。

 

 

最後までお読み下さいまして、ありがとうございました♫

 

 

 

マネージャー3年 

岡 万里菜