2016年度卒業式 一日目

 

こんにちは!

マネージャー3年の山川です。

3月23日(水)24日(木)には大学の卒業式が行われました。

 

4年生の先輩、お世話になりました。

ご卒業おめでとうございます!!

それでは一番近くでお世話になった、内田組の先輩たちの門出をお届けします!!!

 

 

 

まずは経済学部から。

内田晃太郎先輩、大沢拓也先輩、笠原祥多先輩、藤井進先輩の4人がご卒業されました。

 

左から笠原先輩、藤井先輩、大沢先輩、内田先輩
左から笠原先輩、藤井先輩、大沢先輩、内田先輩

内田先輩は、立教の陸上競技部に革命を起こした伝説の御方です。陸上初心者としての入部から、今やトップと争うアスリートです。その実力と才能でいつも部を引っ張ってくださりました。社会人になっても、記録会でお会いできることを楽しみにしています!

 

大沢先輩は、怪我をして辛い時でも逃げずに補強に励み、最終学年で予選会へ復帰できるまでの過程が感動的でした!ゼミ活動やメディアセンターなど、陸上以外にも多方面に活動されている姿も印象的でした。

 

笠原先輩は、ミステリアスオーラの漂う、卒なく何でもこなすデキる先輩のイメージが強いです。特に会計の仕事はデータ管理や処理が上手く、本当に適任者だな、といつも思っていました。これからは是非合宿にいらしてくださいね!

 

藤井先輩は、いつも同期やパートの試合には応援に足を運んでくださる心優しい方でした。長距離に移行してからの成長の早さはピカイチでした!個人的に面白かったのは、「記録会に出るたびに30秒ずつベストを更新し続ければ、予選会の時には新幹線より速くなれる!」です。

 

 

 

 

 

お次は社会学部理学部の先輩方です!

社会学部からは黒崎晃先輩、横田純先輩、角名亜衣美先輩の三人、

理学部からは水野佑紀先輩、高橋侑希先輩のお二人です!

 

左から黒崎先輩、水野先輩、高橋先輩、横田先輩、角名先輩
左から黒崎先輩、水野先輩、高橋先輩、横田先輩、角名先輩

黒崎先輩はとにかく面白い人だな、と思うことが多い一方で、気合の入った試合ではしっかり仕上げてくるところや陸上競技部に対しての考えもしっかりと持っていてがさすがだな、と思っていました。大会サポートでは車での送迎、本当にありがとうございました!

 

横田先輩はチーフになってからはパートに対してスパルタ練習(!)を実行してきましたが、きちんと本を読んで勉強されていたあたりは、やはり意識が違うなと感じられました!男子だけでなく、女子、競歩と実力がある部員をそれぞれまとめるのは非常に大変だったことと思います。お疲れさまでした。

 

角名先輩は、競技の実力はさることながら完璧すぎる美貌と周りの皆が元気になる性格の持ち主です。マイルや400mH等進化し続ける角名先輩は最後の全カレまでその活躍をみせてくれました。忙しい時でもいつも部のことを一番に考えてまとめていく姿もかっこよかったです☆!

 

2016.3.26≪追記≫

水野先輩、高橋先輩ご本人より、『俺たちが全く触れられてない(笑)』とのことでしたので、 書かせていただきます!

大変失礼いたしました。

 

水野先輩は一言では言い表せないくらいのスペックを持っておられる方です。短短として100mや4継では欠かせないメンバーでありながら、関東インカレは400mHに個人で出場。引退してからは100mではベスト連発、気づけば安定した10秒台ホルダーになっていました。その一方で副将を務めながらパートチーフ代理や競技場責任者、体育会本部役員など、本当に理学部で忙しい人がこなす仕事なのかと疑うレベルの業務も担当されました。その中身は関西出身として素晴らしいユーモアのセンスを持ち、研究熱心で成績優秀であるのに少年の心は忘れません。そして話題のコロッケ屋さんの社長息子であることも忘れてはいけないポイントです。とにかく色々とありすぎて長くなってしまったのでここで切らせていただきます。陸上競技部が大好きな水野先輩ならまたいつか登場する日が来るでしょう。

 

高橋先輩も理学部で非常に忙しく、平日はなかなか練習時間が取れない中でもしっかりと実力を伸ばして関東インカレの切符を手にし、活躍されました。やはり高橋先輩はラストの切り替えがうまいです!あの走りができるからこそ勝負に強くなれるのだと思っています。これからは院生としてまだまだ現役で競技をされるそうなので、またお世話になることもあるかと思いますが、宜しくお願いします。

 

 

 

本日最後は文学部の先輩方です!

林昂平先輩、ベンジャバラ美菜先輩のお二人です。

林先輩
林先輩
ベンジャバラ先輩
ベンジャバラ先輩

林先輩はパートチーフに就任してから、部員によく声をかけて真剣に話を聞いている姿勢がやはりチーフらしいなあと感じました。数少ない10秒台ホルダーとしてリレー等で活躍する姿は本当にかっこよかったです!長らく立教に携わり続けてきた日々も終わりですね。。

 

ベンジャバラ先輩は唯一の仏文の先輩で、入部当初からお世話になりました。同じ授業を受けていることも多く、少しでもべンジャバラ先輩の助けになっていれば幸いです!笑 短長から短短種目へ移行してもすぐに対応でき、100mHも400mHも、4継もマイルもこなしてしまうマルチスプリンターでした☆ミ

 

 

 

 

 

それではここで終わりに…しようかと思ったのですが、この日はスペシャルゲストもいらしているのでご紹介します!!

立教スポーツ:藤井
立教スポーツ:藤井

その①立教スポーツ編集部、藤井俊くん(文3)です!

今年の卒業生のために、全員分の特別号を発行してくれました。

陸上競技部のために、本当にいつもありがとうございます!

 

短距離パート
短距離パート

その②西川諒くん(済3)。写真では一列目の一番左にいます。

なんだかんだ公式行事があると陸上部のもとに来てくれるいいやつです。

 

 

その③水野さんのご兄妹、ひまわりさん。写真では水野さんのお隣です。

並んでみると本当によく似てますね!遠方までありがとうございます!

 

林誠太郎先輩
林誠太郎先輩

その④

この写真じゃ全然伝わらないですね、昨年も卒業式にいらした林誠太郎先輩です!

昨年と同じく黒シャツで個性も忘れずにいらっしゃいました。

 

 

 

他にも駆けつけてくださった卒業生の先輩方もいらっしゃいましたが、その晴れ姿はまた次回お届けしたいと思います!

 

 

 

それでは、失礼します。

 

 

 

立教大学

体育会陸上競技部

マネージャー3年

山川美咲