☆日本選手権☆



こんにちは!

マネージャー3年の川尻です!


今回は6月26日(金)~6月28日(日)に、新潟県・デンカビックスワンスタジアムにて開催されました、日本選手権についてお届けしたいと思います(^^♪

少々日が空いてしまって申し訳ありません ><;



さて、今回で第99回目となる日本選手権ですが、

立教大学からは、出水田眞紀(コ2)が女子1500mに出場致しました!


部の仲間からは「まっきー」の愛称で親しまれていて、

小さい身体と可愛らしい笑顔からは想像もできないパワフルな走りを見せてくれます(*^^*)


急遽予選が無くなり、一発決勝になってしまったりと、ハプニングもあった中で

結果は4'20"31で8位入賞☆と、素晴らしい成績を残してくれました!!




出水田 眞紀 (左から2番目) 写真提供:立教スポーツ編集部
出水田 眞紀 (左から2番目) 写真提供:立教スポーツ編集部



出水田さんから日本選手権を終えてのコメントをいただきました!


「今回の日本選手権は1500mに出場させていただきました。ギリギリまで5000mでの出場を狙っていたため、少し悔しい気持ちでの出場となりましたが、出場するからには絶対に手ぶらで帰ることの無いよう、最低でも入賞、出来れば3位入賞を目指して走りました。結果的に8位ではありましたが、2週間後に控えているユニバーシアードのハーフがある関係で、1500mの調整が十分に出来ていなかった中での4分20秒で8位という結果は、満足はできませんが、最低限の目標を達成できたのでよかったです。この1500mのスピードを5000m、10000m、ハーフに活かしていけるように練習していきたいと思います。応援ありがとうございました!」



今回は、自分の納得のいく走りが出来なかったと振り返る出水田さんですが、持ち味のスピードを活かして、これからもどんどん成長していってくれることでしょう!

そんなまっきーに乞うご期待です(^_-)-☆




立教大学体育会陸上競技部

マネージャー 3年

川尻 彩夏