第94回関東インカレ最終日&その後・・・

皆様

 

こんにちは!

マネージャー3年の高田です。

 

連日お届けしておりました関東インカレシリーズもついに最後となります。

お待たせしてしまい大変申し訳ありません。。。

 

この第94回関東インカレ、沢山の想いが詰まった忘れられない大会となりました。

特に4年生のこの大会に懸ける姿が何よりも印象的です。

 

少ししんみりしてしまいましたが、大会全体の振り返りは最後にするとして、

まずは17日(金)4日目の様子をお届けします!

(全てのレースにおいて思いがありすぎて少々長くなってしまうかもしれません・・・)

 

最終日立教の先陣を飾ったのはハーフマラソンに出場した大西政徳(コ3)!

・・・と言いたいところですが、DNSとなってしまいました。

 

昨年から2年連続で標準を突破した長距離パートのエース大西、

この借りは絶対来年の関東インカレで返してね!!

 

続いて、400mH。

この種目は今年は女子3人、男子2人エントリーしており、またレベルも非常に高く、

今立大陸上部で最もアツイ種目と言っても過言ではありません!!

 

予選ではエントリーしていました角名亜衣美(社4)、香坂さゆり(済)、池田菜月(社1)

全員が準

決勝進出ということで、かなりの期待も掛かっていました。

 

角名さんは足の調子を考えて、残念ながら棄権という形になりましたが

この分きっと全日本インカレで最高のパフォーマンスをしてくれるはずです!

全日本インカレでは、角名さんの最高の走りと最高の笑顔が見れることを楽しみにしています

^^

(個人的に角名さんスマイルが大大大好きです。笑)

また、女子マイルも全日本インカレを目指します!みんなでリベンジしましょう!!

 

1年生池田は準決勝では実力を発揮できず、悔しい結果となりましたが

まだ1回目の関東インカレ!あと3回もあります。

自己ベストは59秒台という実力者なので今後の活躍にかーなーり期待できる選手です☆

 

(スタート前の池田)


短長女子のエース香坂は順当に準決勝を通過し決勝に進出しました。

決勝ではベストに近いタイムで6位入賞です!

リレーで結果を残せず、この400mHでいい結果を・・・とプレッシャーもあったはずです。

また、4継、マイル、400mH予選を走り、相当な疲労もあったでしょう。

そんな中でもしっかり部に貢献してくれました!

走力抜群の香坂、今後もパワフルな走りで部に貢献し、

来年再来年の関東インカレでは必ず表彰台に立ってくれると信じています!

 

(決勝を走る香坂!)

 

続いて、男子は水野副将が準決勝において0.01秒差で決勝をつかみ、

決勝では、持っているすべての力を出し切ったようで

まさに4年生の意地、そして、関東インカレへの思いを体現されたようなレースでした。

 

また、レースのスタート前に、応援席からのみんなからの声援を聞き、

非常に嬉しそうな、楽しそうな表情をされていたのがとても水野さんらしくて印象的です^^

陸上競技を心から楽しみ、下級生にも楽しめるよう働きかけてくださった水野さん、頼もしい副将でした!

 

(0.01秒差で決勝をつかんだ水野さん!ゴール!)

 

そして、男子800m!

唯一予選を通過した主将の内田さん、自己ベストの走りで準決勝進出!

 

しかし、体調不良の為残念ながら決勝は棄権という形になりました。

実は予選、準決勝ともにベストな状態ではない中でレースに臨んでいました。

長い間、故障に苦しむ期間も長かった内田さん、関東インカレで部に貢献したい

という思いは誰よりも強かったことと思います。

毎日黙々と一人で補強やジョグをしている姿からもひしひしと伝わってきました。

その思いは関東インカレよりも大きい、学生陸上競技の最高峰全日本インカレの舞台で

果たしてくれると信じています!!

 

(準決勝、自己ベストを更新した内田さん)

 

400mHと800mの準決勝と並行して行われていたのが女子走高跳決勝。

去年は男女ともにエントリーのなかった走高跳ですが、今年は2名ずつのエントリーと

高跳の存在感が非常に大きく、今後の活躍も期待できる種目となっております♪


 1年生以来、2度目の出場となる根岸(法3)。

自分が関東インカレに出ることはもちろんですが、何よりもフィールドパート女子全員で

出場出来ることを喜んでいて、初出場となる1年生の緊張をほぐしてあげたり、

みんなのモチベーションを上げたりなど働きかけてくれる、とても頼もしい先輩です^^

結果はNMと、本人もケアレスミスが修正出来なかった・・・と悔いが残ったようですが、

しほ、来年の最後の関カレは必ず笑って終わろうね!!(*^O^*)

 

(根岸、1本1本を大事に跳びます。)


1年生飯田は初出場ということもあり、試合前からかなり緊張していた様子でした。

しかし試合前日に髪をばっさり切って気合い十分☆

初出場とは思えないほど、終始落ち着いていて堂々とした跳躍を見せてくれました!記録は1m60。

来年以降は貪欲に記録を狙いにいき、チームに貢献してくれることでしょう^^

(華麗な跳躍を見せる飯田)



そして、立教最後の種目は女子5000m!

言わずと知れた立教長距離のエース出水田(コ2)が、部員の盛大な応援を受け走りぬきました。

結果は堂々3位!大変素晴らしい結果を残してくれました!

しかし、”優勝”を目指していた出水田本人にとっては悔しいレースとなったようです。

出水田は6月末に日本選手権、7月上旬にユニバーシアードと

トップレベルの試合を控えています。

悔しい思いはまた次のレースに繋げて、さらに強く成長し、

日本を代表する強い、強い選手になって頂きたいですね^^

 

(出水田、表彰台にて!)


総合結果は男子2部24位、女子1部16位となりました。

 

非常にいいレースもありましたし、本部のレベルも確実に上がってきていますが、

”勝負”という点においては、まだまだ成長しなければいけないと感じました。


来年の関東インカレでは、全員で最後今まで以上に勝負の意識を持って戦いたいと思います!

 

会場まで足を運んで頂きましたOBOG、関係者の皆様、

また、いつも応援してくださっている皆様、

ご声援誠にありがとうございました。

 

これからもっともっと強いチームをつくっていきますので

今後もどうぞ宜しくお願い致します!

 

(閉会式後、エントリー者全員で!来年はより多くの選手がこの舞台へ立ちます!!)

 

 

また、この関東インカレ最終日をもって幹部交代が行われました。

もちろん引退ではありませんが、この日を以て3年生がを中心に幹部学年として

部の運営を行ってまいります。

 

一つ上の先輩方は常に部員全員が楽しく陸上競技を取り組めることを

考えてチームを作ってくださいました。

パートを越えて、種目を越えて、学年を越えて、

陸上競技を通して深いつながりを持ったチームであったと思います。

 

今後は勝嵜主将、安藤主務を中心とした新しいチームとなります。

先輩方が作り上げてくださった良い部分は継承し、

チームがより成長するために新しく私たちの代の色を出していこうと思っております。

 

私たち後輩を引っ張って下さり、沢山のことを教えて下さった4年生の先輩方に感謝申し上げます。

 

 

また、勝嵜組がスタートしてから約10日が経ちました。

 

幹部学年である3年はまだまだ手探りの状態ではありますが、

少しずつ私たちの方向性も固まりつつ、変化も見られるようになってきました。

 

例えば、パートでの取り組みでいうと、

短距離パートでは、全員でまとまってドリルの知識を共有、練習をしたり、

中距離パートはある1年生が成功したというアップでビルド走を取り組んでみたり、

フィールドパートは、週に2回短距離のメニューに混ざって走力の向上に力を入れたり、

また、長距離パートは4年生が中心となって変わらずストイックに練習に励んでおります。

 

 

まだ新体制になって日は浅いですが、

幹部の覚悟、部員の陸上競技に対する真摯な姿勢を目にし、

このチームはもっともっと強くなると、すでに確信しています。

 

皆様、今後とも立教大学陸上競技部の活躍をぜひご期待下さい!

また、変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。

 

感謝の気持ちを忘れることなく、部一体となって精進してまいります!


 

 

だいぶ、だいぶ長くなってしまいましたね。すみません。

 

今後もこのブログを通して選手の活躍や、部の様子をお届け致します。

もっと頻繁に更新していけるよう努めてまいります!

 

 

ありがとうございました。

 

 

新マネージャーパートチーフ

3年 高田真冬