第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会②

こんにちは。

マネージャー2年山川です。

 

 

前回は2年生と3年生を中心に記事をあげさせていただきました。

今回は、4年生を中心に、代交代の様子までをお届けします!

今年は4年生が全員出場し、全員が10位内で部に貢献しました!

 

 

 

 

◇4年◇

 

上から、佐藤(コ4)、池田(社4)

 

以下、コメントです。

 

 

佐藤泰紀(さとうたいき)・コ4

『4年として、メンバー入り出来たことに感謝の気持ちを込めて、責任と自覚を持って走りました。しかし、チームで共有した自分の目標タイムに届かず、チームの立教記録を更新することが出来ず、非常に残念です。

結果的に、悔いが残ることになってしまいましたが、ここまで多くの方々に支えられて、箱根駅伝予選会のために充実した練習を積むことができて、本当に幸せです。

朝早くから応援、サポートありがとうございました。』

 

池田拓史(いけだたくみ)・社4

『記録はとても悔しいものになってしまいましたが、四年間苦しくも楽しく走ることが出来ました。全て、応援してくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

来年こそは後輩が立教記録を更新できるよう、今後も陰ながらサポートしていきたいと思います。』

 


いつもCチームのまとめ役としてチームを引っ張ってきた泰紀さん。予選会当日も部内9位の67’33で貢献しました。悔しいながらも感謝の気持ちで溢れたコメントには心が動かされます。。


陰で部を支える長距離渉外のお仕事もしてきた池田さん。4年間この予選会を走ってきました。最後まで丁寧に、また後輩への思いも池田さんらしいです。チーム内は8位でゴールしました!

 

 

上から小野寺(法4)・柳原(法4)

 

 

小野寺秀平(おのでらしゅうへい)・法4

『苦しいレースになってしまいましたが、皆様の応援のおかげで最後まで頑張ることができました。結果は悔しかったですが、とても楽しいレースになりました。ありがとうございました。』

 

柳原真人(やなぎはらまさと)・法4

『皆様の支えにより怪我を乗り越えここまで準備してレースに臨めました。走りに悔いはありません。チームの目標は後輩達が達成してくれると信じています。』


高木勇希(たかぎゆうき)・法4

『この1年間、総合での立教記録の更新に加え、10時間45分を目標に掲げ練習に取り組んできましたので、今年の予選会はチームとしても個人としても決して満足いく結果ではありませんでした。しかし、皆さんのたくさんの応援の中で最後まで走りきることができ、本当に幸せでした。立教記録の更新はまた来年、後輩たちに託したいと思います。部員、関係者の皆様、朝早くから応援・サポートをして頂き、本当にありがとうございました。』

 


コンディションが悪い中でも20kmを走り切り、チーム内では5番目の65'52でゴールした小野寺さん。レースを楽しむことが出来たことは4年間でいい思い出になるはずです!

 

柳原さんは怪我から少しずつ調子を取り戻し、レースに出るまで回復してから短い時間でここまでもってきました。結果はチーム内4位の65’47。全てを考慮すれば十分すぎる記録です…!

 

そして最後には1年間パートチーフとしてチームを引っ張ってきた勇希さん。この言葉に溢れるたくさんの思いは文字で表現できません。。途中怪我の不安を抱えながらも予選会の舞台ではチームで6位の65’53でゴールしました!

高木(法4)
高木(法4)


コメントにご協力頂いた選手の皆さん、ありがとうございました!






そして・・・

高木さんから新たにパートチーフを受け継いだのは、横田さん(社3)です!


横田(社3)
横田(社3)

 

また、池田さんから長距離渉外の役職を引き継いだのは、野口さん(営3)でした!

 

 

先輩の思いを胸に、また来年に向けて再出発しました。

代が新しくなり、練習メニューにも変化が見られています。

その詳しい様子はまた追って記事を書けたらな、と思っています!

 

 


最後に、4年生の先輩方、お疲れ様でした。

立教の長距離パートはまだまだこれからも成長していきます!!



立教大学

体育会陸上競技部

2年 山川美咲