2月27日(水) 沖縄合宿へ向けて&新メンバーの紹介


お疲れ様です。
毎日エントリーシートの締め切りに怯える、
マネージャー3年の関根です。
怯えても締め切りはやってくるので、計画的に頑張ります。
部活の時間はホッと癒されるときでもあります。


本日は、3月1日より沖縄において行われます、
短距離・中距離・フィールド強化合宿前、最後の全体集合となりました。

沖縄のお天気のほうが少し心配ですが(浜練習の日に雨だと、泥練習になります by磯山)
もってくれると信じます。

さて、6泊7日の沖縄合宿に向けて、各パートチーフ、そしてスペシャルゲストの主将に、
抱負を伺いましたので、今回はそちらをご紹介いたします。

まずは、絶世の雨男、
今年出場する試合こそは晴れで迎えたいであろう、短距離パートチーフの石田くん(3年)です。

「辛い冬季練習を乗り越え、その成果を今度は実践で活かすため、合宿では
しっかりスピード感を持って練習に取り組みたいと思う。
一日一日の練習を大切にして関東インカレではチームとして飛躍を遂げたいと思います。」


続いては、2年生ながら中距離パートを引っ張る、しっかり者の
800m立教記録保持者(1’53”31)、鹿島くんです!

「シーズンイン前に暖かいところで練習できるせっかくの機会なので、合宿後半には
レースを意識したメニューを行う予定です。
パート全員が怪我なくメニューをこなし、心身ともにシーズンに向けて良い流れが作れればと
思っています。」


そして、個人的に女優の夏菜さんに似ていると思うと言ったところ、
あまり喜んでもらえませんでした。フィールドパートチーフの星野さん(3年)です。

「普段、じっくり専門練習をする環境が無いので、沖縄では専門練習をがっつりやって、
3月のシーズンインに向けて技術を磨いていきたいです。
沖縄は気温も高く、練習しやすい環境なので、体もよく動くと思います。
集中して、怪我なく合宿を乗り切りたいと思います!」


トリを務めますのは、三段跳で大活躍、頼れる主将の松堂くん(3年)です!

「各個人がしっかりと調整をして、チームが良い形でシーズンに臨めるようにしたいです。
そのうえで関東インカレを戦っていきたいと思います。」


皆様、抱負を述べていただきありがとうございました!
なんだか私の文章が稚拙で申し訳なく思うほど素敵な内容ですね。
5月に行われる立教大学陸上競技部にとって最大の大会、
関東インカレに向け、今年も良いスタートを切れそうです!


最後に、本日付で、新しいマネージャーとして
1年生の石原さんが私たちの仲間となってくれたので、
ご紹介いたします!

石原みのり(いしはら・みのり)
異文化コミュニケーション学部 異文化コミュニケーション学科
香蘭女学校高等科出身

高校時代は部活でヴァイオリンをやっていたというみのりちゃん。
途中入部ながら、たくさんのことを吸収し、学んだことはメモする勤勉家!
花粉を恐れるつつも陸上の世界に飛び込んできてくれました!
期待の超新星です。非常に礼儀正しいです。

石原さんを含め、マネージャー全員でこれからもブログは更新していきます!
ぜひ、頻繁にご覧になってください!
失礼します。

立教大学体育会陸上競技部

マネージャーパートチーフ
関根 和美