監 督 挨 拶

 

 

  立教大学陸上競技部は、2020年に創部100周年を迎えます。の中一貫して本競技部は学生が主体性を持って活動して参りました。私自身も、学生の時にはその気概を忘れず、自分は何をしなければならないのか、自分に何が出来るか、その結果、自分が何をするのか、という事を考えながら活動していました。

 長い歴史の間には、部員数が少ない時代、多い時代、競技力が高い時代、低い時代あり様々な環境の変化もありましたが、紫聖会(OBOG会)や、監督、コーチと言った指導スタッフは一貫して学生が充実した活動を行える様に支援をして参りました。

 現在も、良き伝統は維持しつつ、社会、大学、陸上競技部等の環境に変化に対応して、学生と紫聖会、指導スタッフが協力して活動しています。

 

 そして、本競技部と紫聖会は大学と協同し、箱根駅伝出場に向けて「立教箱根駅伝2024」事業に取り込み始めました。

 この事業は男子長距離を強化する事を目的とするものですが、本競技部の短距離、中距離、長距離、競歩、フィールドの全てのパートが切磋琢磨し、一丸となって目標に臨む基本姿勢は変わりません。男子長距離の強化に刺激を受けて、他のパートも更なる競技力向上の為に活動しています。

 

 陸上競技は多くの競技と同様に、自ら肉体、技術、精神をコントールする競技です。ある意味、他の競技よりもその要素は強いとも言えます。

 四書の一つ『大学』では、八条目としてその内容を示し、その中の「修身」が基本ともされます。「修身」に続き「斉家」「治国」「平天下」があります。「修身」とは、すなわち自らをコントロールする事と繋がります。

 本競技部の部員が部活動を通して「身を修め」、卒業し社会に出て、「斉家」「治国」「平天下」と繋がる様な活躍をする事を願っています。

 

 本競技部の活動に紫聖会の他、大学関係者、校友会の皆様、また多くの皆様にご賛同いただければ幸甚です。

 更に、本競技部に多くの高校アスリートの皆様がご興味を持ち、本競技部の理念にご理解をいただき、本学への入学、本競技部への入部を目指していただける事を願っています。

 

 

立教大学体育会陸上競技部 監督 福田治郎