2 0 1 3 年 7 月

 

2013年

7月

31日

トワイライトゲームス

お疲れ様です!
2年の伊熊です。
久しぶりにブログを書かせて頂きたいと思います!

今回は、日曜日に行われたトワイライトゲームスの模様をお届けします!
今年のトワイライトは、例年にも増してオリンピックや世界選手権出場者などトップレベルの方が多く参加されていた為、昨年よりも観客の人数も多く感じられました。

その中で立教大学からは、角名亜衣美さん、長谷部高正さん、藤ノ木詩織さんの3選手と、女子マイルチームが出場しました。

まず最初は、女子400mHに出場された角名亜衣美さん

大学ベストの走りを見せてくれましたが、目標としていた全日本インカレ標準に0.06秒届かず悔しい様子でした。次の記録会では突破してくれると思います!

続いて、男子110mHに出場された長谷部高正さん

今年は関東インカレ・明立戦で自己ベストを記録し、調子の良い状態で臨んだと思います。
結果は納得いくものではなかったようでしたが、得られた収穫を全カレで発揮して頂きたいと思います。主将として臨み全カレでの活躍を期待しています!

女子1500mに出場された藤ノ木詩織さん

怪我の影響もあり、思うようなレースを展開できなかったようでした。この夏は関東女子駅伝へ向けて練習に励むと仰っていました!


最後は女子マイルリレー
今回は小塚-角名-ベンジャバラ-五嶋で全カレ標準を狙ったレースでした。

先日の記録会では破ることが出来なかった標準を見事突破致しました。

本当におめでとうございます!
全カレでは更なる記録更新をしてくれると思います!

また同日、国士舘競技会では男子マイルチームが同様に全カレ標準突破を目指し、レースに出場しました。記録は惜しくも届きませんでしたが、関東新人で再度記録突破に臨みます。
ご声援の程宜しくお願い致します!
トワイライトゲームスは2回目でしたが、改めてレベルの高さを感じました。その舞台で立教の選手が1人でも多く活躍できることを願っています!そして、マネージャーとしてその手助けに努めたいと思います!

 

トワイライトゲームス・国士舘競技会の結果詳細は掲示板をご覧ください。

 

シーズンも8月に入り、5日からは合宿を迎えます。

それぞれが目標とする秋の大会・記録会へ向けチーム一丸となり、夏の練習に励んで参りたいと思います!


失礼します。

2年マネージャー

伊熊 健介

2013年

7月

21日

地元での戦い!県選手権☆彡

こんにちは!
梅雨も明け、本格的な暑さがつづくこの頃、
練習には氷が必需品となってきました。。。
熱中症などには十分注意しながらも、私たちは変わらず練習に励んでおります!

本日は、6月下旬から7月中旬にかけて各地方で行われた、県選手権についてレポートさせていただきます!
本競技部は埼玉県民や東京都民、神奈川県民が多いこともあり、
埼玉県選や神奈川県選はおなじみとなっていますが、
近年は地方出身の部員も増え、それぞれが地元の県選手権に出場することも珍しくありません!
そこで、各地方で県選手権に出場した選手にも目を向けてみました。
少し長くなりますが、お楽しみいただければ幸いです。

まずは北から、新潟県選手権に出場しました藤森さん(営3)。
7月15日(月)、1500mのレースに出場されました。
遠方での試合だったためマネージャーは帯同しませんでしたが、見事4位入賞を果たしました。

写真は昨年9月の関東大学女子駅伝の様子。駅伝シーズンにむけて、女子長距離チームの主力としてさらに活躍してくれることでしょう!(^^)!

東北地方では、宮城県選に競歩チーム期待の新人・平田(コミ福1)が出場いたしました。
結果は残念ながらDQとなってしまいましたが、普段の練習から常に自分を追い込み力強く歩いている平田。同じ競歩の4年生・市川さん(コミ福)、岡田さん(社)に続く期待の選手にこれからもぜひご注目ください!
 

続いて関東圏、山梨県選には、またまた競歩から4年生の市川さんです!
大学から競歩をはじめ、今年は関東インカレにも出場を果たした市川さんは、地元山梨でも力を発揮!見事5位入賞です(^^)★
長距離渉外としてチームをまとめるお仕事をしながら自分の競技でも活躍する姿に、後輩たちからの信頼も厚いです!!

続いては少し飛んで関西、兵庫県選に出場しましたのは短距離パートの水野(理2)。
地元・兵庫に帰ればある有名店の御曹司(笑)水野は、100m・200mの2種目に出場しました!
100mではわずかながら自己ベストを更新!
短短パートでありながら400mHまでこなすマルチランナーですが、本業のショートスプリントでも強さを見せてくれました。

写真は4月の私学六大選で100mに出場した時のものです。
さわやかな笑顔と関西弁をひっさげて、短距離パートの中心となっていくことでしょう!

お次は岡山県です!
何とも言えないキャラクターで部員みんなから愛されているヒガシこと東原(法3)が100m・200mに出場しました!
200mでは7位に入賞し、中国五県陸上への出場も決めてくれました。
高校まで野球部という経歴でありながら、抜群の陸上センス(と超大音量の声)を持っている短距離パートのエースにこれからも注目です。

さて、続いては関東に戻りまして、わたくし磯山が帯同いたしました埼玉県選です。
埼玉県選は例年通り多くの選手が出場いたしましたので、写真とともにダイジェストでお送りいたします。
 

男子4継には、埼玉の仲良し3年生に4年生の関根(勝)さん(済・下写真右から2番目)を加えた、なかなか見ることのできないチームとなりました!


そしてさらに男子マイルでは、4年生の前主務・フィールドパートの西方さん(コミ福・下写真右から2番目)を4走に迎えた、4継よりもさらに貴重なメンバーでの出場でした!


女子も奮闘!1500mには中沖(上)・藤ノ木(下)の3年生コンビが出場しました。
同期女子の力強い走りに私も声をからしました(^O^)


国際学院出身・ベンジャバラ(上)と埼玉栄出身・角名(下)の仲良し2年生コンビも、
400mHと400mでそれぞれ関東選手権出場権を獲得しました★


前主将・松堂さん(コミ福4)は三段跳びに出場。

競技場到着時間を間違えてしまい笑、全然練習できなかったといいつつ、しっかりと6位入賞!さすがです。松堂さんも8月の関東選手権に出場致します!!

まだまだ埼玉県選に出場した選手はいるのですが、
今回はこのくらいにまとめておくことにします。涙
HP内の掲示板には全結果が掲載されておりますので、ぜひそちらもあわせてご覧ください。


さて!
ここで磯山マネージャーとバトンタッチをして、わたくし森が神奈川県選手権のレポートを行いたいと思います(^o^)/

神奈川県選手権1日目2日目は
三ツ沢競技場にて行われ、
私は2日目の競技会サポートを担当させていただきました!
 
最近では神奈川勢も増え、昨年よりも賑やかな雰囲気で神奈川県選手権を迎えることができました。

横浜市内の高校出身の私にとって、三ツ沢競技場はとても思いいれのある競技場でもあります。
三ツ沢で大学の仲間たちが走っている姿は何だか新鮮で嬉しく感じました^ ^

さて一日目に行われた女子400mに出場したのは2年生の小塚さん。
目標タイムには惜しくも届かなかったものの、着実に力をつけています!

二日目最初の種目は女子100m!
4年生の影吉さんが出場しました。
12"84のタイムでゴール、
惜しくも準決勝進出とはなりませんでしたが、
もうしばらく競技を続けられるとのことですので今後の活躍にも大注目です☆彡

そして期待の新星、一年生の勝嵜くんは男子100mに出場。
堂々の一位通過で準決勝に進出いたしました!
予選では10”94で自己ベストを更新、準決勝でも10秒台をマーク、
決勝進出はならなかったものの安定した力を見せてくれました!

そして二日目最後の種目は
男子4×400mR!
神奈川勢も増え、なんと今年は
マイルに出場することができました!

フィールドパートの田島くん、中距離パートの伊藤くん、短距離パートの青木くん
そして日本学連幹事長を務めております緒方マネージャーで構成されたマイルチームです(^o^)/
(左から田島・青木・伊藤・緒方)
レース後、死ぬほど緊張した!と話してくれたマイルメンバーでしたが、
純粋に陸上競技を楽しむ姿や、緒方マネージャーの引退レースとして集結した神奈川勢の絆に私も感動しました☆彡
今回が初マイルとなった選手、マイルは専門外の選手、そしてマネージャーで構成された今回のレースは
それぞれの糧になり、また良き思い出となったようです。

来年は神奈川勢がもっと増えることを祈りつつ、今回のレポートは以上とさせていただきます。
出場されたみなさま本当にお疲れさまでした!


といった感じで、私たち3年マネージャーで県選レポートとさせていただきました!
ここまで読んでくださり、ありがとうございます!
お楽しみいただけたでしょうか)^o^(
これからも、できるだけたくさんの選手を取り上げ、普段の練習の様子もお伝えしていきたいと考えておりますので、ご愛読いただければと思います!

それでは、テスト期間真っ最中ですので、この辺で失礼いたしますヽ(^o^)丿


立教大学体育会陸上競技部3年
マネージャーパートチーフ
磯山夏海
 

2013年

7月

16日

明立戦を終えて(後半)

遅くなりましたが、今年の明立戦も無事終了致しました。トラックに引き続き、フィールド編です!

対抗の選手の方々からコメントを頂きました。

 

まずは対抗戦走幅跳から。

 

主将、長谷部高正さん(営3)

「今回、本気で上位に食い込むつもりで臨みました。しかし結果は惨敗。踏み切りの難しさを痛感しました。悔しさが残りますが、フィールド種目ならではの一本一本の緊張感がたまりませんでした。陸上競技の楽しさを改めて味わえました。卒業するまでに7mを跳んでみせます。」

 

内田匠さん(法3)

「今回対抗選手としての役目を果たすことはできませんでしたが、コンディションが悪い中でベストを大きく更新できたことは自信になります。次の対抗戦では得点源となれるように技術を磨きます!」

 

松江拓哉くん(コ1)

「初戦なので、思いっきり跳ぶことを心がけました。今回は結果が付いてこずチームに貢献出来ませんでしたが、対抗選手として良い経験をさせてもらいました。次の試合ではベスト更新を目指したいと思います!」

 

 

お次は対抗走高跳です!

 

田島裕之さん(法3)

「膝を怪我をしていて、不安はありましたが最低限の自分の仕事はできたと思います。秋に向けて良い跳躍ができました。

しかしながら同時に課題も見つかったので修正をして、必ず関カレ標準突破してみせます。」

  

島根敏将くん(済1)

「今回は悔しい結果に終わってしまったので、夏の間しっかり練習していい結果を報告できるようにしたいです。」

 

 

走幅跳は14時という暑さのピークの中で行われました。ビデオ撮影をしていた私もこの時間だけで真っ黒になりました(泣)そんな中でも内田さん(法3)や長谷部さん(営3)は自己ベスト更新と、好試合!とは思うのですが、選手の方々は結果に満足することなく、まだまだ上を目指しています。皆さん意識が高いです…!大学での初戦となった松江くん(コ1)も6mOVERのジャンプを見せました。レベルの高い競技でした。

 

走高跳でも暑さはおさまることなく、氷を大量に消費したそう…。競技の終盤では曇り、いくらかやりやすくなりました。膝を痛め、テーピングガチガチになって跳躍に臨んだ田島さん(法3)は、最後まで明治の選手と張り合い、3年生の意地が感じられました。また今回大学デビュー戦となった島根くん(済1)も今後の活躍に期待です!

 

長谷部主将(営3)のもと、初めての公式戦となった今回の明立戦でもまた関カレ同様、新たに学んだり気づかされることもたくさんありました。明治大学と2校のみの大会なので、普段の大会と比べればかなり短い時間で終わってしまったのですが、密度の濃い、長い大会のように感じられました。というより暑かったという印象が強かったりします…。これからの季節、熱中症には本当に気を付けたいです。

 

 

次の対抗戦は同志社戦となります。その時には選手も夏を越え一回り成長していることでしょう。私も選手と一緒に一人前のマネージャーに成長していたいです。。。

 

それでは最後になりますが、応援に駆けつけて下さったOBOG、関係者の皆さま、遠くまでお越しいただきありがとうございました!立教大学陸上競技部の今後の活躍にご期待下さい!最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

 

立教大学

体育会陸上競技部マネージャー

1年 山川美咲

2013年

7月

15日

明立戦を終えて(前半)

 

 

はじめまして!

今回初投稿させていただきますマネージャー1年の川尻です。

 

 

遅くなってしまいましたが、7月7日(日)に

上尾運動公園陸上競技場に於いて行われました

明治大学対立教大学対抗陸上競技大会の対抗の部に出場されました

選手の方々から何人か感想をいただきました!

前半はトラック、後半はフィールドと二つにわけてお送りします!

 

 

 

まず、対抗800mに出場されました伊藤直人さん(法3)、鹿島太一さん(社3)です。

 

「全カレ標準を狙って前半から攻めたレースをしたため、ラスト300mがとてもきつかったです。」(鹿島太一・社3)

 

「自己ベストを更新できなかったのは残念ですが、2位を確保できたのは良かったです。」(伊藤直人・法3)

 

 

続きまして、対抗200mに出場されました勝嵜大輝さん(コ1)、東原健悟さん(法3)、長谷部高正さん(営3)です。

 

「これからも頑張ります。」(勝嵜大輝・コ1)

 

「目標としていた標準を切ることができ、良い形で前半シーズンを終える事が出来ました。秋にはA標準を切ります。」(東原健悟・法3)

 

「個人は、200mにしても幅跳びにしても、ベストパフォーマンスが出来なかったので、満足していません。ただ、最初の種目である200mで立教勢が3人標準を切り、2位3位4位で明治にリードし、流れを作れた点は評価したいです。対抗戦としては負けてしまいましたが、良いパフォーマンスをした者が多くいたことも事実なので、必ず後半シーズンに繋がると思っています。」(長谷部高正・営3)

 

200mでは、勝嵜大輝(コ1)が、21"83で自己ベスト更新、関カレA標準を突破致しました!

そして、東原健悟さん(法3)も、22"02で自己ベスト更新、関カレB標準突破し、

長谷部高正さん(社3)も、21"97で自己ベスト更新、関カレB標準突破致しました!

また、長谷部高正さん(社3)は、走り幅跳びにおいても6m28cmで自己ベストを更新しております!

おめでとうございます!!

 

 

続きまして、5000mに出場されました高木剛さん(済4)、柳原真人(法3)です。

 

「暑さを言い訳にし、対抗戦なのに気持ちを切らしてしまいました。本当に申し訳ないです。もっと練習して強くなります。」(高木剛・済4)

 

「膝下に違和感を感じながら強行出場しましたが案の定早々に勝負から外れてしまい、ただただ明治との力の差を痛感しました。対抗戦に多く出場しているにも関わらず、ほとんど部に貢献できずに終わっているので、同立戦、来年の明立戦では勝てるよう練習していきます。」(柳原真人・法3)

 

 

とのことでした!

 

非常に暑い中、自己ベストを更新した選手や関カレ標準を突破した選手も多く見られ、いい流れを作ることができました。

そうでない選手も、次の目標設定や自分を見つめ直す良いきっかけとなった対抗戦になったのではないでしょうか(^^)

 

今後の選手の活躍にご期待ください♪

 

選手の皆さん、お疲れさまでした!

また、インタビューにご協力していただき、ありがとうございました!

 

後半はフィールドについての記事をお送りします!

 

 

 

最後になりますが、私は中学から陸上競技を始め、最初は100mと高跳びをやっていました!

そして短距離を引退した中学3年の夏から駅伝に向けて長距離のマネージャーを始めました。

その後は埼玉の東京農業大学第三高等学校に進学し、陸上競技部のマネージャーを3年間やらせていただきました。

中学、高校と、指導者の先生や周りの仲間たちに恵まれていたからこそ、

マネージャーとして少しずつ成長することが出来たのだと思います。

ですが、立教大学体育会陸上競技部に入部させていただいてから、未経験な仕事が増えて

まだまだ自分の力不足を感じています。

いつまでも周りの方々に迷惑はかけられないので、中学や高校で培った力を無駄にしないように

少しでも早く戦力になれるように日々努力していこうと思っています!

これからよろしくお願い致します!

 

 

 

立教大学体育会陸上競技部

マネージャー 1年

川尻 彩夏

2013年

7月

06日

明立戦迫る!!

初めまして!1年マネージャーの山川です。今回は7月7日(日)に行われます第35回明治大学対立教大学対抗陸上競技会の直前レポです。素晴らしい機械音痴(家族だけでなく中学から大学までの友人に認められるレベルです)と文章力のない私ですが出来ないなりに頑張ります。。。

 

7月3日(水)と7月5日(金)の練習の様子を合わせてお届け致します。

大会前の調整メニューが多くなっております。

 

両日共に織田フィールドで練習が行われました!

佐々木さん(法4)と黒崎さん(社2)
佐々木さん(法4)と黒崎さん(社2)

こちらは長距離パートAチーム。佐々木史人さん(法4)と黒崎晃さん(社2)。佐々木さんは明立戦の対抗5000mに出場致します。

7月3日(水)は全体集合の日でしたが、4限の必修の授業ために毎週遅刻の私はほとんどのメニューに立ち会えず…。写真も長距離パート以外ほとんど撮れませんでした。

この日は日曜日の明立戦だけでなく、土曜日の記録会に向けても調整の選手が多くいらっしゃいました。

 

 

 

ここからは7月5日(金)の様子です。

アップ中…
アップ中…

短距離・中距離・フィールドがそれぞれ練習を行いました。

この日のメニューは短距離が加速走30m・50m・100m等、

中距離は200mや300m、4000mPR等各自のメニュー、

フィールドは皆が大好き(?)調整です!

つまりどこも調整でした(笑)

米崎さん(社2) 撮影:石原マネージャー
米崎さん(社2) 撮影:石原マネージャー

毎週金曜は短距離(兼フィールド)を担当しています。ということで短長パートの加速につきました。

写真は米崎輝さん(社2)ですが、速過ぎてブレまくりです…

ビデオや写真を撮ってフォームを確認しながら行いました!

経験者の私は、走っているときは何も考えられない人だったので、こうしたフォームチェックから得られるものは大きいですね。。。

 

 

伊熊マネージャー(営2) 撮影:石原マネージャー 
伊熊マネージャー(営2) 撮影:石原マネージャー 

なんと競技場まで「走りに来た」と、加速30mに参加された我らが伊熊健介マネージャー(営2)。走れるマネージャーです!^^

この写真が個人的にベストショットです(笑)

選手の八杉響さん(営2)からスパイクを借りて走る本格派。お疲れ様です。

写真撮影にご協力頂いた石原マネージャー、米崎さん、ありがとうございました!

 

 

第35回明治大学対立教大学対抗陸上競技会の対抗選手一覧、タイムテーブルは公式戦のお知らせをご覧下さい。

会場は埼玉県上尾運動公園でございます。

ぜひお越し下さい!

 

 

最後になります。陸上は中学で出会い、中学で終わるはずのところ、なぜか高校でも続け、結果陸上が大好きになってしまいました。大学はさすがに新しいことを始めようと意気込んでいた私ですが、やはり一番魅力的なのは陸上でした。今はマネージャーとして陸上に関われること、本当に嬉しく思います。受け入れて下さった陸上部の皆さんありがとうございました!マネージャーの仕事に関してはまだまだで、行き届かない点が多々ありますが、陸上への気持ちはいつでも真剣です。選手の皆さんやマネージャーの皆さんの言葉を自分のものにして、これからも全力でサポートを頑張っていきます。よろしくお願い致します。

 

立教大学体育会陸上競技部

マネージャー 1年

山川美咲

 

2013年

7月

01日

個人選手権レポ

こんにちは!

はじめまして。今回初投稿をさせていただきます1年マネージャーの高田です。

 

遅くなってしまいましたが、6月21~23日にShonanBMWスタジアム平塚に於いて行われました2013日本学生陸上競技個人選手権大会の様子や、出場選手の感想をお伝え致します!

 

まず22日(土)は女子5000mと女子10000mWが行われ、

5000mには藤ノ木詩織さん(文3)、10000mWには岡田久美子さん(社4)が出場致しました。

そして岡田さんは初出場にして初優勝を致しました!

さすがです!おめでとうございます^^!

 

お二人に個人選手権を終えての感想を頂きました!

 

「今回の個人選手権では、16’25を切ることが出来ず悔しい思いをしましたが、16'30という標準を切った人しか出ることの出来ない大会で走ることができ、いい経験になりました。また秋に向けてしっかり練習を積んで駅伝で結果を残せるように頑張りたいと思います。」(藤ノ木さん)

 

「優勝することができてほっとしています。しかし課題が多く、これからは全カレ優勝に向けてしっかり練習していきたいと思います。」(岡田さん)

 

 

23日(日)は女子3000m障害に藤森彩さん(コ3)、中沖愛咲子さん(理3)、和泉咲音さん(コ3)が出場致しました。

この日は私が同行させていただいたのですが、とても日射しが強く、気温も高い中でのレースとなりました。

そんな中でも藤森さんは自己ベスト更新、更に立教記録を樹立致しました!おめでとうございます^^!

 

以下はお三方に頂いた感想です。

 

「今回のレースでは自己ベストは更新出来たのですがインカレA標準を切ることが出来ませんでした。まだ走力が足りていないのでこれから練習を積み、A標準を切りたいと思います。また、駅伝もあるので長距離全員で頑張っていきたいと思います。応援ありがとうございました。」(藤森さん)

 

「怪我続きでなかなか練習が思うように出来ていませんでしたが、今出来ることを出し切りました。怪我せず夏を乗り越え、ベスト更新に向けて頑張りたいです。」(中沖さん)

 

「日本インカレの標準を切れなくて悔しいです。この悔しさを忘れずこれから駅伝へ向けて頑張ります!」(和泉さん)

 

 

どの選手もそれぞれ課題を見つけ、もう次の目標へと向かっております。

きっと更にいい結果を出してくれることでしょう!

どうぞこれからの選手の活躍にご期待下さい!

 

選手の皆さん、お疲れ様でした。そして、インタビューにご協力いただきありがとうございました。

 

大会の詳細結果は公式HPに掲載されております。ぜひご覧下さい。

 

 

 

私が陸上競技部に入部して約2か月が経ちます。私は今まで陸上競技の経験もなく、マネージャーとしての経験もなく本当に初心者マネージャーです。試合のサポートにしても練習のタイム計測にしても、何もかもが初めてのことで、正直まだ慣れていない部分も多く、マネージャーの皆さんだけでなく、選手の皆さんにも色々教えて頂いております(練習中にも関わらずすみません・・・)。皆さん、いつも助けて頂き本当にありがとうございます!

部活時では、「ミスをしないようにしよう!いいサポートが出来るように頑張ろう!」と集中しつつも、今まで大好きで憧れであった陸上競技に携えていることの嬉しさを感じながら日々活動をさせていただいております。目標に向かって努力を重ねる姿はすごくかっこいいな、と改めて思いました。

まだまだ未熟ではありますが、少しでも部、選手の方々の力となれるように、そして1日でもはやく一人前のマネージャーになれるように精一杯努めてまいります!どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

立教大学体育会陸上競技部 

マネージャー1年

高田 真冬